なぜ賃貸は小型犬のみ?ペット可のマンションで中型犬を飼えるように交渉できる?

賃貸物件で「小型犬のみ可」という条件が多い理由をご存じですか?

「なぜ小型犬のみが許可されるのか知りたい」
「中型犬を飼いたいけど、交渉のポイントを知りたい」
「ペット可物件での注意点を理解したい」

これらの疑問に対する答えをお送りします。

小型犬は飼育スペースが少なくて済み、騒音や臭いの問題も比較的少ないため、物件側が許可しやすいというメリットがあります。

また、物件側の視点では、建物の維持管理がしやすく、トラブルも少ないため、小型犬のみを許可することが多いのです。

あなたの愛犬との生活がより快適になるための一助になれば幸いです。

賃貸物件が小型犬のみを許可する理由

賃貸物件で「小型犬のみ可」とされる理由には、多くの要素が関係しています。

その理由について詳しく説明します。

小型犬を飼うメリット

小型犬は、賃貸物件で飼うにあたって多くのメリットがあります。

小型犬は体が小さいため、飼育スペースが少なくて済みます。これにより、物件の損傷リスクが低くなります。また、食事やトイレの管理がしやすいため、飼い主にとっても負担が少ないです。

小型犬を飼うメリット

  • 飼育スペースが少なくて済む
  • 物件の損傷リスクが低い
  • 食事やトイレの管理がしやすい

これらの理由から、小型犬は賃貸物件で飼いやすいペットとされています。

物件側の視点

物件の所有者や管理会社にとっても、小型犬のみを許可することには多くの利点があります。

小型犬は物件の損傷リスクが低いため、修繕費用が少なくて済みます。また臭いの問題が少ないため、他の住民とのトラブルが起こりにくいです。

これにより、物件全体の住み心地が向上し、長期的に安定した入居者を確保しやすくなります。

また、小型犬は持ち運びがしやすく、共用スペースでの移動もスムーズです。

物件内でのトラブルが減少し、管理がしやすくなります。

  • 修繕費用が少ない
  • 臭いの問題が少ない
  • 他の住民とのトラブルが起こりにくい
  • 管理がしやすい

これらの理由から、物件側も小型犬のみを許可することが多いです。

なぜ小型犬のみ可の物件が多いのか

このように、小型犬のみを許可する賃貸物件は、飼い主と物件側の両方にとって多くのメリットがあります。

多くの賃貸物件が小型犬のみを許可しているため、賃貸で飼う=小型犬というイメージが広まっています。

小型犬と中型犬の違い

小型犬と中型犬にはさまざまな違いがあり、飼育に影響を与える要素がいくつかあります。

犬のサイズは賃貸物件での飼育において重要なポイントです。

なぜ犬のサイズと重量の基準が重要なのか

犬のサイズと重量の基準は、賃貸物件で犬を飼育する際に重要です。

犬のサイズは厳密に定義されているわけではありませんが、概ね次のように分類されます。

犬のサイズによる分類

サイズ 体長 体重
小型犬 約20cm〜40cm 約2kg〜10kg
中型犬 約40cm〜60cm 約10kg〜25kg
大型犬 約60cm以上 約25kg以上

小型犬は簡単に抱きかかえられ、共用スペースでの移動もスムーズです。一方、中型犬は広いスペースが必要で、体重が重く、損傷リスクが高まります。

飼育スペースの違い

小型犬と中型犬では、必要な飼育スペースが異なります。

小型犬は体が小さく、部屋の中でも狭いスペースで十分に動けるため、家具や荷物が多い部屋でも飼いやすいです。

一方、中型犬は広いスペースが必要で、自由に動き回るためには広いリビングや専用の遊び場が求められます。

そのため、狭い賃貸物件では中型犬はストレスがたまりやすくなります。

鳴き声と騒音問題

小型犬の鳴き声は、中型犬よりも高くて大きいことが多いです。

小型犬は警戒心が強く、些細な音や動きにも反応してよく吠えるからです。また、音の高さが高いため、響きやすくなります。

小型犬の犬種毎の鳴き声音量

犬種 音量(デシベル)
チワワ 80〜90db
ミニチュア・ダックスフンド 85〜90db
ポメラニアン 80〜90db
トイ・プードル 85〜90db
マルチーズ 85〜90db
シーズー 80〜90db
ヨークシャー・テリア 85〜95db
ペキニーズ 85〜90db

出典:動物愛護管理室 危害や迷惑問題等の発生状況 – 環境省

一方、中型犬は低い声で吠えることが多いですが、激しく吠えない限り音量はそれほど大きくありません。そのため、小型犬の方が近隣住民にとって騒音問題になることがあります。

ペットの鳴き声や騒音問題で困っていませんか?SHAoooN!(シャオーン)は、遮音機能を備えたペット小屋で、どこでも静かにペットと一緒に過ごせます。アウトドアや災害時にも便利で、持ち運びも簡単です。日常生活の快適さを向上させるSHAoooN!(シャオーン)をぜひお試しください。

静かで快適なペットライフを実現しよう

小型犬のみ可の物件で中型犬の交渉方法

賃貸物件で「小型犬のみ可」とされている場合でも、条件によっては中型犬を飼う交渉が可能です。

ここでは、その方法について説明します。

事前準備とアピールポイント

交渉を成功させるためには、事前の準備とアピールポイントをしっかりと押さえることが重要です。

まず、犬がよくしつけられていることをアピールします。無駄吠えをしない、指示に従うなどの行動が証明できると、大家さんの安心感が増します。

また、物件に損傷を与えないよう、爪を短く切る、室内での運動を制限するなどの対策を講じていることを説明します。

交渉時の具体例

具体的な交渉方法を示すことで、大家さんの理解を得やすくなります。

しつけのデモンストレーション

実際に犬を連れて行き、大家さんの前でしつけの様子を見せることが効果的です。犬が静かでおとなしいことを直接確認してもらいます。

写真や動画の提示

普段の生活の様子を撮影した写真や動画を見せることで、犬の行動を理解してもらいます。

保証金の増額提案

中型犬を飼うためのリスクをカバーするために、敷金を増やす提案をします。

交渉成功のためのポイント

交渉を成功させるためには、次のように誠実な態度と具体的な情報提供がポイントです。

  • 誠実な対応
  • 詳細な説明
  • 安心感の提供

誠実で丁寧な態度を持ち、ペット飼育に関する情報を正直に提供します。なぜ中型犬を飼いたいのか、その理由や背景を詳しく説明し、家族構成やライフスタイルにおいて中型犬がどれだけ重要かを伝えます。

犬が物件や他の住民に与える影響を最小限にするための具体的な対策を示すことで、大家さんが安心して許可しやすくなります。

このように、準備をしっかりと行い、具体的な情報を提供することで、小型犬のみ可の賃貸物件でも中型犬を飼うための交渉が可能ですが、長期的に考えると決められたサイズの犬にすることが無難です。

ペットの鳴き声や騒音問題で困っていませんか?SHAoooN!(シャオーン)は、遮音機能を備えたペット小屋で、どこでも静かにペットと一緒に過ごせます。アウトドアや災害時にも便利で、持ち運びも簡単です。日常生活の快適さを向上させるSHAoooN!(シャオーン)をぜひお試しください。

鳴き声や騒音の悩みを解決しよう

遮音効果のあるペット小屋の重要性

賃貸物件で犬を飼う場合、鳴き声による騒音問題が発生することがあります。これを防ぐために、遮音効果のあるペット小屋は非常に重要です。

SHAoooN!(シャオーン)は、その遮音効果で問題解決に役立ちます。

ペット小屋の選び方

適切なペット小屋を選ぶことで、ペットの鳴き声を効果的に遮音できます。

遮音性能

小屋の遮音性能が高いほど、鳴き声が外に漏れにくくなります。SHAoooN!(シャオーン)は-10dBの遮音性を備えています。

サイズ

ペットが快適に過ごせるサイズを選ぶことが重要です。狭すぎるとストレスになります。

素材

遮音効果のある素材を使用していることを確認します。SHAoooN!(シャオーン)は、制菌・抗菌・防臭・消臭機能素材を採用しています。

設置場所の注意点

ペット小屋の設置場所も、効果的な遮音に関わります。ポイントは次の通りです。

  • 静かな場所
  • 空気の流れ
  • 共用スペースから離す

設置場所を考慮することで、ペットがより快適に過ごせます。また、共用スペースに近いと、他の住民に鳴き声が届きやすくなりますので注意が必要です。

使用時の注意点

ペット小屋を使っても、犬の鳴き声を100%完全に遮音することは困難です。

そのため、ペットのしつけや定期的なケアが重要です。ペットが小屋に慣れるまで時間をかけ、清潔を保つことも必要です。

適切なケアを行うことで、賃貸物件でも快適に過ごせます。

ペットの鳴き声でお困りですか?SHAoooN!(シャオーン)は高い遮音性能を持ち、鳴き声を-10dB抑えるため、近隣への騒音を減らします。さらに、制菌・抗菌・防臭機能素材を採用し、持ち運びも簡単で、アウトドアや災害時にも便利です。ペットと静かで快適に過ごせる環境をSHAoooN!(シャオーン)で実現しましょう。

ペットの鳴き声を抑えて快適な生活を

まとめ:賃貸物件が小型犬のみを許可する理由

賃貸物件で小型犬のみが許可される理由を理解し、賢く住まいを選ぶことは、ペットとの快適な生活を実現するために重要です。

賃貸で犬を飼う際のポイントをまとめて、快適なペットライフを実現するポイントをお送りします。

小型犬のみ可の理由の理解

賃貸物件で小型犬のみが許可されるのは、管理しやすく、物件に与える影響が少ないためです。

小型犬は飼育スペースが少なくて済み、鳴き声や臭いの問題も比較的少ないです。また、物件の損傷リスクが低いため、大家さんにとっても安心です。

交渉時の注意点

中型犬を飼いたい場合は、事前の準備と誠実な対応が大切です。

犬のしつけや健康管理の情報を提供し、大家さんに安心感を与えることが必要です。また、敷金の増額など具体的な提案も交渉成功のポイントです。

住まいを選ぶ際のポイント

物件の規約をよく確認し、ペットに適した環境を提供できるかどうかを考慮します。遮音効果のあるペット小屋SHAoooN!(シャオーン)を活用することで、騒音問題を解決しやすくなります。

快適なペットライフのために

ペットと共に快適な生活を送るためには、適切なケアと環境整備が必要です。

SHAoooN!(シャオーン)のような遮音効果のあるペット小屋を使用することで、ペットの鳴き声による騒音問題を軽減できます。

定期的な掃除とペットの慣れも重要です。適切なケアを行うことで、賃貸物件でもペットと快適に過ごすことができます。

いつまでもペットと快適に暮らすための遮音機能を備えた持ち運べるペット小屋

鳴き声が気になる…でも、ペットと居たい!SHAoooN!(シャオーン)は音を遮音する素材を中材に使用していますので、ペットの鳴き声による騒音迷惑に効果を発揮します。

あなたの愛犬にお似合いのカラーをどうぞ

価格 44,000円(税込)

ペットが慣れた住空間をそのまま移動

  • いつものお部屋内で
  • お家のバルコニーで
  • 公園やキャンプで
  • 宿泊先や帰省先で
  • 緊急の避難先でも

SHAoooN!(シャオーン)は、遮音するだけでなく、ペットの環境側からも考えた携帯性や衛生面に優れ、コンパクトに収納出来る分解機能で、いつでも一緒に居られます。

鳴き声による騒音問題を抑制

遮音機能を備えたペット小屋。共有スペースでのペットの鳴き声による騒音問題を抑制。

アウトドアや災害時にも活躍

持ち運び楽々コンパクト収納。使い慣れたお部屋を手軽にそのまま移動。アウトドアや災害時にも活躍。

お手入れ簡単いつでも清潔

内装材に制菌・抗菌・防臭・消臭機能素材を採用。手軽に組立分解可能、お手入れ簡単いつでも清潔。

遮音してコンパクトに持ち運べるペット小屋